がん幹細胞研究

がん幹細胞研究とは

膵がん幹細胞が含まれているスフェア

膵がん幹細胞が含まれているスフェア

拡大

 がんの塊の中にはさまざまなタイプのがん細胞が混在しており、その中に「がん幹細胞(かんさいぼう)」という特に悪性のがん細胞が存在し、がんの発生や再発、転移に重要な役割を果たしていることがわかってきました。がん幹細胞は、自分と同じがん幹細胞を作る自己複製能と、さまざまなタイプのがん細胞を作る多分化能を持っています。がん幹細胞は通常はあまり増殖しないため、抗がん剤や放射線治療が効きにくく、がん幹細胞が生き残るとがんは再発してしまいます。また、がん幹細胞は動きやすい性質があり、がん周囲の血管やリンパ管に侵入して移動し、他の臓器にがんの転移をおこすと考えられています。私たちは、がん幹細胞に対する治療法の開発が重要であると考え、がん幹細胞の性質の解明と有効な薬剤の探索を行なっています。
特に近年、増加している高齢者がんの膵がんについて、①がん幹細胞の形態学的特徴の解析、②がん幹細胞の抗がん剤耐性や糖鎖解析、③がん幹細胞に有効な薬剤の探索、④非コードRNAによる転移促進機序の解明と、その抑制方法の開発を行なっています。

↑ このページの先頭へ

CONTENTS
  • HOME
  • 研究グループ紹介
  • テロメア研究
  • がん幹細胞研究
  • がん幹細胞標的治療法の研究
  • がんの上皮間葉転換研究
  • 高齢者がん・その他の研究
  • 業績一覧